この記事は百鬼異聞録のデッキ構築時のSSR必要度をまとめたものです。


 初めましての方に一応、雛鳥りむと申します。百鬼異聞録での自分の実績としては、シーズン4最終2位、シーズン6最終1位、シーズン最終1位、ランクマッチ総勝利数4852勝。
 記事の内容は自分の主観に基づいて書かれたものですが、信頼性の参考程度にして頂ければと。





FullSizeRender


 ここからが本筋です。
 SSR必要度の判断基準としては、以下のようになります。
A.2枚必須、実戦で2枚目を引いても嬉しい。
B.できれば2枚欲しい、理由がない限りは2積み。
C.1枚から運用可能、2枚入れてもよい。
D.1枚で充分、入れない場合もある。
E.なくてもよい、寧ろ入れるのに理由が必要。


 以下、空弦綺談までの各秘巻毎のSSRカードのデッキ構築時の必要性についての評価になります。
 各式神のSSRカードの効果自体に関しては実際のゲーム内で確認して下さい。


  • 古典式神+キョンシー妹
A.2枚必須
 鳳凰火、鴆、キョンシー妹
B.できれば2枚欲しい
 兵俑、姑獲鳥、海坊主、山兎、妖琴師、
 似津真天
C.1枚から運用可能
 山童、覚、青行燈、桃の精、雪女
D.1枚で充分
 白狼、酒呑童子、判官、青坊主、書妖、
 雪童子、一目連
E.なくてもよい
 茨木童子、大天狗、磁器蛙、清姫、犬神、
 キョンシー弟、蛍草、座敷童子、妖狐


  • 不夜の火

A.2枚必須
 鈴鹿御前
B.できれば2枚欲しい
 シシオ
C.1枚から運用可能
 不知火、日和坊
D.1枚で充分
 煙々羅、鎌鼬
E.なくてもよい
 烏天狗


  • 月夜の幻想

A.2枚必須
 なし
B.できれば2枚欲しい
 孟婆
C.1枚から運用可能
 なし
D.1枚で充分
 吸血姫、かぐや姫、荒、久次良、山風、天井下
E.なくてもよい
 滝夜叉姫、彼岸花


  • 蒼海の刀鳴

A.2枚必須
 鬼切、三つ目
B.できれば2枚欲しい
 なし
C.1枚から運用可能
 桜の精、御饌津、大獄丸
D.1枚で充分
 キョンシー兄、薫、夢喰い
E.なくてもよい
 人面樹、蠱毒師


  • 四色瑠璃

A.2枚必須
 九命猫、源九郎狐、阿修羅
B.できれば2枚欲しい
 面霊気
C.1枚から運用可能
 浄瑠璃御前、餓鬼
D.1枚で充分
 桜雪姫
E.なくてもよい
 一つ目小僧、火取魔


  • 幸運良縁

A.2枚必須
 百目鬼
B.できれば2枚欲しい
 侍の霊
C.1枚から運用可能
 縁結神
D.1枚で充分
 鉄鼠、鬼童丸、黒無常/白無常
E.なくてもよい
 追月神、河童、般若


  • 善悪の狭間

A.2枚必須
 なし
B.できれば2枚欲しい
 玉藻前、餓者髑髏、帝釈天
C.1枚から運用可能
 金魚姫、八岐大蛇、蟹姫、恵比寿
D.1枚で充分
 垢舐
E.なくてもよい
 なし


  • 夢幻の繁花

A.2枚必須
 藤姫、納棺師
B.できれば2枚欲しい
 なし
C.1枚から運用可能
 傀儡師
D.1枚で充分
 花鳥風月、閻魔、白蔵主
E.なくてもよい
 風狸、管狐


  • 浮世夢の如し
A.2枚必須
 なし
B.できれば2枚欲しい
 黒童子
C.1枚から運用可能
 棋聖、匣の少女、小松丸
D.1枚で充分
 白童子、松
E.なくてもよい
 両面仏、雲外


  • うまいもの合戦

A.2枚必須
 五丸
B.できれば2枚欲しい
 猫又、千姫
C.1枚から運用可能
 兎丸、星熊童子、食霊
D.1枚で充分
 なし
E.なくてもよい
 化け狸、飴細工

 

  • 空弦綺談

A.2枚必須
 緊那羅、首なし、入内雀
B.できれば2枚欲しい
 鬼女紅葉
C.1枚から運用可能
 一反木綿、丑の刻参り
D.1枚で充分
 夜叉
E.なくてもよい
 鈴彦姫

 この記事を読んで頂けた方の百鬼異聞録をプレイする上での参考になれば幸いです。


S2でランキング2位達成したAOEコンボデッキの解説です。
デッキの内容は以下の通り。


IMG_2383


・デッキコンセプト

AOEArea of effctの略、要は範囲攻撃や全体攻撃のこと)カードを駆使して、相手式神を一掃して、復活してくるまでの隙をついてリーサルをとる、もしくは返せない盤面を作る、になります。

単体では効果薄いけれども、特定の組み合わせをすることで強力な効果を発揮する形のカードが多く、カードを切るタイミングと先を読んだプランニングが大事になります。


・長所、短所

テンポの取り合いではアグロやミッドレンジに負けますし、長期戦に持ち込まれればコントロールに負けます。

その反面、瞬間的な爆発力があり、一瞬の隙をついて相手を大きく崩せるので、いかにその状況を作り出せるかがポイントになります。また待機式神への干渉がしやすいのも強みです。


・扱う上でのコツ

相手式神を12体気絶させることができても、あえて気絶させず寸止めして、なるべく同一ターンに一気に気絶させるといった少し普通とは異なった戦い方が求められます。

AOEを決めて相手を一掃した場合は、2ターンの間は完全自由に行動できるので、その間に何ができるかを考えておくことも重要です。


・マリガン前のチェック項目

1.先攻か後攻か

先攻ならばLV3の愛の焔や覚醒海坊主の価値が上がります。先にLV3が作れるのでそこで勝負をかけれるように動きたいです。後攻ならばLV2AOEである荒波や八つ当たりの価値が高くなります。相手がLV3を作る前にAOEで一掃するプランを立てたいところです。


2.相手初期体力4の式神数

2体以上体力4が居れば、上手く調整すれば1ターンで全滅を狙うことは可能です。3体以上の時は流石に一掃は難しいのでAOE以外の別のプランを意識する必要があります。


3.相手式神が回復、復活できるか

桃精霊やシシオ、犬神といった回復、復活ができる式神が居ると一緒しにくく、AOEの効果も薄くなります。


4.相手式神が待機ユニットに攻撃できるか

鳳凰火や煙煙羅といった待機式神に直接ダメージ与える式神がいる場合は、茨城童子が育てにくくなります。こういう式神がいる場合は、八つ当たりがなければ茨城童子のカードはマリガンで返すことが多いです。もし相手にこういう後衛を触れる式神がいなければ茨城童子がとても動かしやすくなります。


5.相手のデッキタイプ

アグロ相手なら相手の体力が低いので荒波や毒塗りといったAOEを積極的に狙いたいですし、コントロール相手なら長期戦になるので覚醒海坊主+踏海を意識するといった感じで優先するカードが変わってきます。



・マリガンキープ優先度

1.AOEカード

毒塗り、愛の焔、荒波、八つ当たり、群烏の乱舞が相当します。デッキコンセプトでもありますし、できたら2枚以上確保できるのが理想です。これらの組み合わせで、いかに一掃できるよう状況を作れるかを考えることになります。


2.コンボ成立しているカード

毒塗り+愛の焔、覚醒海坊主+蹈海、八つ当たり+鬼の腕など。相手の状況と合わせて、勝ちへの道筋がしっかり立てれる組み合わせがある時は積極的にキープしましょう。


3.正義の薙刀

これが一枚あるとAOE一掃後のリーサルがものすごく取りやすくなります。一枚はできたらキープしておきたいです。黒炎の腕も似たような役割ですが、扱いやすさとリーサル力の関係で少し優先度は落ちます。


4.瞬発持ち

蛇行撃、祝福の水、風追いの3枚。これらがあると取れる戦術の幅が広がるので、余裕あればキープしたいカードです。


5.その他 

上記以外はマリガンで交換することが多いです。その中でも黒炎の腕はダメージソースとしてやや優先度が高く、覚醒烏天狗、いんうん蛇姫、八つ当たりがない時の鬼の腕あたりは優先度が低いです。


・フィニッシュプラン

1.AOEで一掃からの茨城アタック+正義の薙刀or黒炎の腕

一番のメインプラン。デッキコンセプトでもあります。常に意識しましょう。


2.覚醒海坊主+蹈海コンボ

遅めの展開してくる相手へのプランになります。初手に2枚揃っていれば、はじめからこれを狙うことも。


3.育てた茨城の超火力を無理やり通す

相手に後衛触れる式神がいない+豪拳が引けた時に狙うことがあります。


4.愛の焔で直接ダメージ

いずれの場合でも詰めきれなかった時のサブリーサルプランです。残り5点まで削りさえすれば愛の焔のトップ解決で勝てることも。


・デッキ相性

有利なのは体力の低いユニットの多いアグロや、待機式神に触らない鼓舞デッキなど。コントロール相手は五分からやや有利、先攻を引きたいところ。苦手な相手は犬桃に代表される回復、復活を駆使してくるタイプのミッドレンジ相手が辛いです。



以下に各カードの解説、使い方を。


・茨城童子

役割、アタッカー


豪拳

FullSizeRender

リーサルへの補助。八つ当たりと同時使うと相手に与えるプレッシャーが強まります。相手に鳳凰火や煙煙羅など待機式神触れる式神いないと価値が上がります。逆にその辺の後衛触れる式神が相手にいると手札で腐ることもしばしば。


鬼の腕

FullSizeRender

八つ当たりと一緒に使わないと効果半減。待機エリアの厄介な式神の処理に使う時もありますが、このデッキでは他のAOEでも後方処理できるので、この使い方は割とイレギュラー。リーサル取る時にただの戦闘カードとして使う時もありますが、相手式神が全滅している時には使用不可なのには注意。


八つ当たり

FullSizeRender

これが序盤で使えるかどうかで茨城の価値が大きく変わります。鬼の腕とのコンボはほぼ相手を一掃できますし、後ろで攻撃力上げながら耐久7で睨み効かせるだけでも充分な強さ。形態変化したターンは無理に攻めずに待った方がベターなことが多いです。


黒炎の腕

FullSizeRender

遠隔攻撃としてよりも単なる戦闘カードとして相手プレイヤー殴る時に使うことの方が多いです。育った茨城が1ターンに2回殴れるだけでシンプルに強いです。



・清姫

役割、後方火力


毒塗り

FullSizeRender
唯一のレベル1AOE。レベル1だからといって序盤に気軽に撃つものではないです。他のAOEカードと合わせて相手全滅を狙いましょう。愛の焔とのコンボは言うまでもありませんが、後攻での追加レベルアップできるターンでの毒塗り+荒波も強力。毒塗り重ね撃ちでプレイヤーに直接4点飛ばしてリーサルとれる時があるので覚えておきましょう。


蛇行撃

FullSizeRender

便利なダメージ調整カード。このカードがあると1体までは相手式神の体力6点居てもAOE2枚で全滅が取れるようになります。毒塗り+愛の焔+蛇行撃なら9点までが射程内に。序盤に八つ当たり通すために、鳳凰火や煙煙羅落とすのに使うこともあります。


いんうん蛇姫

FullSizeRender

AOEが決めきれずに殴りあいにもつれ込んだ時のためのカード。中盤に形態変化できると結構な牽制にはなります。ただより優先される動きあることの方が多く撃つタイミングが取れないことも多いです。

瞬間火力重視なら無名の毒との入れ替えもあり。



愛の焔

FullSizeRender

清姫最強カード。毒塗りとのコンボで全体5+1体に追加で2点は、起死回生が狙えますし、単品で撃ってもプレイヤーに直接5点飛ばせるので、詰め切れなかった時の最後の一押しとしてとても優秀です。2枚重なってもあまり腐らないのも便利。



・海坊主

役割、壁、回復


荒波

FullSizeRender

優秀なレベル2AOE。他のAOEカードと同様、合わせて相手全滅狙うのが一番の役割ですが、相手や状況次第で荒波海坊主アタックで壁立てる動きも強いです。また海坊主が覚醒していれば、荒波撃つだけで海坊主がすごいスタッツに。


祝福の水

FullSizeRender

すごく便利な瞬発全体回復。単なる回復として撃ってもいいし、次ターンに勝負かける際の予防的な盾付与、AOE決めた後の相手復活ターンに合わせて前衛硬くしとくのにも使います。覚醒海坊主が手札にある時にはなるべく温存したいところ。


蹈海

FullSizeRender

覚醒海坊主と合わせて使うのが前提のカード。単体ではレベル3としてはカードパワーが低いですが、それを補って覚醒海坊主とのコンボが強いです。単体でもリーサル取られそうな時に回復+壁としても使う時はありますが、これはあまり使いたくないパターン。


覚醒・海坊主

FullSizeRender

他の海坊主とのカードと合わせて使わないと効果薄いですが、合わせて使った時はどれも強力。

蹈海とのコンボは回れば勝ちレベルですし、覚醒したターンに祝福の水撃って前に出すだけでもかなり強い動きになります。


・烏天狗

役割、壁、アタッカー


風追い

FullSizeRender

瞬発ドロー。ダメージ食らわずに壁を立てるのに便利です。相手式神を気絶させたくないけど壁を立てたい時にも。清姫アタック風追いで5点とかも序盤の動きとして強力。


正義の薙刀

FullSizeRender

最強リーサルカード。これ1枚握ってAOEで相手全滅させれば大抵リーサル狙えます。育った茨城2回殴らせるてのリーサルのパターンが多いですが、清姫アタックからでも11+次ターン移動1点で計12点入ります。準備が大変ですが、覚醒+蹈海海坊主で正義の薙刀はゲームエンドレベル。


群烏の乱舞FullSizeRender

式神全体1AOE、メインのAOE決める前のダメージ調整に。体力8点で回復するので壁としても性能が高いのがポイント。割と雑に投げても仕事してくれるのがありがたいです。相手式神に判官が居ると斬刑であっさりとられるので価値がさがります。


覚醒・烏天狗FullSizeRender

AOE決めきれずに試合がもつれた時用に、無理やりこじ開けてリーサルとるためのカート。覚醒海坊主で攻撃力あげれれば、瞬間火力はかなりのものになります。ただし初手で欲しいカードではないですし、リーサルプランもたてにくいのでマリガンではほぼ確実に返します。

環境やプレイスタイルに合わせて烏羽の疾走や大胆不敵と入れ替えるのもあり。


今回は出場者じゃなくゲストとしての参加なので気持ち的に前より気楽に参加。レポートも時系列に沿ってダラダラと。

当日朝5時起床し、嫁と共に始発の新幹線に。
新幹線は思ったより混んでおり指定席が買えず、自由席でも座れたのでよし。
10時頃に東京着、東京駅でお土産を買い、原宿へ向かう。少し時間ができたのとお腹も空いていたので、雨も降っていたこともあり喫茶店で腹ごしらえと小休憩。

いかさんのツイートに従って、会場を目指す。あまり迷わずに辿り着き、この建物かなーと中を除くとラヴァートの住人が見えたので、ああここだ、と一安心。
めておるさんはじめスタッフさん達が着替えや準備に追われてるのを横目に嫁と休憩しつつ、開場を待つ。動きわからない事もあり、あまり手伝えず申し訳なかったです。

12時頃に会場、あっという間に埋まる客席。やっぱりアルテイルみんな好きなんだなぁ、と。
お絵かきコーナーやジャンケン大会で盛り上がる。嫁がジャンケン大会でクロニクルさんとの直接対決で3回バッティングの末勝利し、商品ゲットする一幕も。

レグライ杯開始、準決勝終わった時点でホテルチェックインのため一旦脱出。思ったより駅より遠くて戻る時はタクシー使用。雨じゃなかったらよかったなぁ。

決勝開始直前に会場に帰還、間に合ってよかった。その後、幻の梅さん、ちゃぴさん戦の後、自分の試合に。
予定では一試合と言われていたので梅さん戦は急遽使う事になった帯デッキで。練度不足が目立つ試合ではあったものの、面白い試合にはなったからよかったかな、と。大渦温存してれば勝ちにはなったと思う反面、その時はただの大渦ゲーになってたはずなのでそれはつまらなかったのでは、とも。
アルピノさん戦は、元々使う予定だった夜デッキで。こちらはずっと改良続けてきた自信作だったので勝ててよかったです。ピアース、ルカ、ヤヌスとかメインのカード自体は一昔前のものながら上手く回ればやっぱり強かったです。

1次会終了しそのまま2時会へ。あまねさんとかおひょさんとか今まであんまり話せなかった方とお話しできたのがよかったです。
この辺りで自分と嫁の疲れが限界に近くなってきたので9時過ぎくらいに後ろ髪引かれながら会場を出る事に。会場去る時に何故か拍手
もらえたのが嬉しかったです。色々あったけどアルネオやっててよかったなぁ、と。

ホテルについて、零の本みたりしながら嫁とアルネオの思い出語り。今日のイベント楽しかった、梅さん残念だったね、アルネオもうすぐ終わっちゃうね、等々。
少ししんみりしながら、就寝。次の日7時過ぎの新幹線に乗って帰宅。夫婦で参加したレグライ杯となりました。

めておるさん、いかさん、180ポイントさん、なしいろさん、イチナマさん、零の方々、梅さん、アルピノさん、タジゲンさん、他、参加者の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。
嫁と自分もとても楽しかったですし、いい思い出になりました。イベントとしては大成功ではないでしょうか。
アルネオが終わってもまたどこかで会うことがあれば、その時はまたよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ